2018-5-15 政治.社会
膵臓(すいぞう)に見つかった腫瘍の切除手術を受けた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事(67)が15日午前、同県浦添市内の病院を退院した。同日午後に県庁で記者会見し、膵臓の「膵がん」と診断されたことを明らかにした。※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースでhttps://mainichi.jp/articles/20180515/k00/00e/040/263000c関連記事document.... 

http://alfalfalfa.com/articles/220854.html

コメントは受け付けていません。