カラオケ「シダックス」が大量閉店へ

【ニュース内容と個人的意見】

このニュースは長いので、ニュース内容と個人的意見を合わせて書いていこうと思う。

カラオケチェーン大手のシダックスが8月末に44店舗を一斉閉店することが明らかになった。

今年の4月から断続的に閉店が進んでいたらしい。

合計で52店舗の閉店となる。

閉店する店舗の中には本社機能が置かれている「渋谷シダックスビレッジクラブ」も含まれているとか。

え、本社も??と思ったが、どうやら本社機能は残して、空いたフロアは賃貸する予定のよう。

 

この渋谷本店の閉鎖が内部に伝えられたのは8月に入ってかららしい。相当急な話だな(笑)

もともとは9月閉店の予定だったらしいが、突如8月中の閉店になったそうだ。

元社員によると、年々客足は落ちていて、収益管理がどんぶり勘定になっていたとのこと。

 

もともとシダックスは、富士フィルムの社員食堂の請負から始まった会社らしい。

現在でも社員食堂や病院食堂などのコントラクトサービスが売り上げの大半を占めているとか。

意外だな。

 

1991年にファミレスを改装して、カラオケ事業に参入。

1993年にカラオケ事業を展開するシダックス・コミュニティーを設立し本格参入。

2004年位は300店舗に達し、2007年頃には、カラオケ事業だけで売上600億円に達した。

グループ全体の利益の大半を稼いでいたよう。

これだけの数字を見ると、本当に急成長したんだなと思う。

 

撤退の要因は、カラオケブームの終わりや、どんぶり勘定によって暇な時間にも無駄に多くのアルバイトがいたからではと言われている。

こういう事業は人件費が重いからね。

2016年のカラオケ事業の売り上げは307億円。

ピークの約半分か。。。怖い。。。

セグメント損失は21億円。。。ひえ。。。

グループの中心事業だったのに、今ではグループの2割弱らしい。

 

2016年3月に資産25億円を減損。

収益性が低下した店舗約100店舗を別子会社に移し、同社株式の65%を外部の取引先などに譲渡している。

これは。。。なかなかの危機感を感じるな。。。

 

シダックスはカラオケ業界ではビックエコーに次いで2位。

ただ、カラオケ事業からの撤退は考えていないよう。

今回の閉店ラッシュでリストラしまくるとのこと。

 

梅田に高さ150m「ヨドバシタワー」建設へ

【ニュース内容】

ヨドバシカメラは31日、JR大阪駅前にあるヨドバシカメラ梅田店の北側に高さ150メートルの複合商業ビル「ヨドバシ梅田タワー(仮)を建設すると発表したとのこと。

来年の2017年夏に着工し、19年の冬に完成予定。

グランフロント大阪などを空中で結ぶ歩行者用デッキも設けて大阪駅周辺の回遊性を高めるらしい。

ヨドバシ梅田の駐車場として使われている場所に、地上34階、地下4階のビルを建設する予定。

 

【個人的感想】

最近、梅田にはいろいろ建ちますね。

たしかに今のヨドバシ梅田の駐車場の土地はもったいないよね。

けど、そうしたら駐車場どうするんだろう・・・と素朴な疑問があるが。

 

ネット予約した旅行でトラブル相談が増えているらしい

【ニュース内容】

ネット予約した旅行に関するトラブルが増えているらしい。

国民生活センターによると、旅行に関するトラブル相談が去年は3545件あったらしい。

1日に換算すると約10件か。。。

その中のうち、1669件がネット予約に関するトラブル相談だったようだ。

これを多いと見るか、そんなもんでしょ、と思うか。。。

2010年の時は753件しかなかったようで、2倍以上になった!とニュースになっている。

海外の旅行サイトのトラブルも多く、国民生活センターは事前に、どのサイトを使うかよく検討するよう呼びかけている、と。

 

【個人的感想】

まず、2010年の2倍になったとあるが、それは当然のことだと思う。

だって、それだけネット予約が浸透しているからでしょ。

ネット予約するようになった人の件数は?

2倍どころじゃないはず。

そりゃ、件数が増えればトラブルも増えるって。

ネット予約は便利だし、これからも使う。

それにこれからもっと増えるし、正直ネット予約は当たり前になってると思うけどな。

国はネット予約は危険といいたいのか?

 

時代遅れも良いところだ。。。